FC2ブログ

新車市場カーベル京丹後 新車及び中古車販売  国土交通省指定 民間車検工場 車検・点検・一般整備・鈑金塗装・事故処理 環境汚染防止整備推進事業場(エコ整備推進) 国土交通省表彰 環境保全優良店 ザーレンオイル取扱店 EV京都北近畿 改造電気自動車製作 

タイミングベルト交換

京丹後市の林自動車工業環境にやさしい整備工場として
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加しています

こちら → ライトダウン参加施設・企業・団体一覧
img_illumination2.gif



ダイハツMAXのタイミングベルト交換
ミラやムーブも同じエンジンがあります

エンジン右側より 真ん中の黒く丸いものがウォ-ターポンププーリー
DSCF0033_20090616180615.jpg


エアコン・パワステ・ファンベルトを取り外してウォ-ターポンププーリーを外します
DSCF0022_20090616180550.jpg


クランクシャフトプーリーにパワステポンプブラケットも外します
DSCF0023_20090616180556.jpg


ブラケットを外したパワステポンプをずらして
DSCF0014.jpg


タイミングベルトカバーを外します
下にあるのが先に外した各ベルト類
DSCF0024_20090616180603.jpg


ここでようやく目的のタイミングベルトが見えてきます
DSCF0012_20090616180353.jpg


エンジン右側より
上の大きいものがカムシャフトに取り付いている
カムシャフトスプロケットですが このエンジンはVVTが付いています
(可変バルブタイミングコントロールシステム)
VVTは内部機構とオイル制御により、エンジン回転数に合わせ
吸気バルブの開閉タイミングを変える機構で出力と燃費の改善を担っている物
DSCF0013_20090616180400.jpg


vvt.jpg


各合いマークを合わせてタイミングベルトを外し特殊工具を使ってVVTを外します
その奥にカムシャフトオイルシールがあります
下側左の丸い物がファンベルトが掛かっているオルタネーター
(発電機)です ファンベルトで回って電気を発生させます
その横がウォーターポンプで水を循環させます
今回もタイミングベルトと同時交換をします 
DSCF0019_20090616180413.jpg


カムシャフトオイルシールを外したところ
DSCF0020_20090616180419.jpg


カムシャフトにキズが付かないよう慎重に外します
このようにオイルシールにひっかけて外します
DSCF0021_20090616180425.jpg


ウォーターポンプを交換しクランクシャフトオイルシールも外して交換します
DSCF0025_20090616180609.jpg


後は各部品を元通りに組付け、タイミングベルトを張って
2回転手でエンジンを回して合いマークを確認し
カバー・ベルト類を取り付けていきます
組上げ後に交換済みシールを貼り付けて完成です
DSCF0034_20090616180622.jpg


車検・点検はもちろん一般修理も
京丹後市の林自動車工業へお気軽にお越し下さい

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hayashi

Author:hayashi
株式会社 林自動車工業
代表取締役社長 林 善朗 

京都府京丹後市のくるま屋です!
新車・中古車販売、車検・
定期点検・板金塗装・保険など、
自動車の事ならお気軽に
京丹後市の(株)林自動車工業へ♪

このブログを立ち上げた頃
禁煙して5年経ちますって言ってたので
もう15年になりました。(2019年)

そろそろお腹回りが気になる
年頃になりました ^^;

仕事一筋で趣味も??でしたが
近年ちょこちょこっと釣りに♪
(ルアーやエギ等でやってます)
頻繁には海にも行けませんが
もし見かけたら気軽に
声をかけてやって下さい♪

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント